オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

ガラケー時代にもウィジェットはあった。KDDIに聞く「au oneガジェット」が目指していたもの

スマートフォンには、「ウィジェット」という機能がある。Androidの場合、ホーム画面にあるウィジェットから天気やニュース、メールなどの最新情報をチェックしたり、Google検索を行ったりする。iOSのウィジェットは、それとは少し異なり、ホーム画面を横にスライドして、ウィジェット画面を表示する仕組みになっている。

かつて、auの携帯電話に実装されていた待ち受け画面情報サービス「au oneガジェット」は、どちらかといえば、Androidのウィジェットに近い。しかし、au oneガジェットがAndroidのウィジェットを真似たのではない。なぜなら、Androidのウィジェットは、2008年8月に発表された「Android 0.9」から実装されているが、auはその前年に、この機能を実現している。つまり、Androidより先に、ウィジェット機能を実装していたのだ。

今回連載に登場するのは、当時au oneガジェットの開発に携わっていた、KDDI コンシューマ営業本部 コンシューマパートナー開発部マネージャーの戸村健一氏と、Opera Software International AS アカウントディレクターとしてau oneガジェットの開発をサポートしていた久保芳之氏。Androidに先がけて、携帯電話の待ち受け画面で情報を表示する仕組みを実現した、当時の状況について話を聞いた。

f:id:mica:20181022104731j:plain

kakakumag.com