オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

格安SIMを据え置きで使える「ホームルーター」は便利?【日経トレンディネット】

 最近はSIMフリータイプのWi-Fiルーターが売れているという。しかも最近はバッテリー内蔵でコンパクトなモバイルルーターだけでなく、AC電源を接続して使う「ホームルーター」タイプも登場してきた。

 ホームルーターの一つ、「Aterm HT100LN」(以下「HT100LN」)を販売するNECプラットフォームズによると、「SIMフリータイプのWi-Fiルーターが最もよく利用されている場所は自宅で、ADSLなどの固定回線に代わる通信手段として需要がある」とのこと。HT100LNを開発したのも、そんな需要を見込んでだという。

 HT100LNが最適なのは、自宅にインターネット回線がなく、通信手段はスマートフォン(スマホ)だけという家庭だ。例えば、転勤や進学などの事情で居住期間が限られたり、短期間で転居を繰り返したりする場合、その都度回線工事をしなければならず、手間がかかるだけでなく費用もかさんでしまう。

 スマホのテザリング機能を使う方法もあるが、テザリングの利用中は普段よりもバッテリーの消費が激しい。充電しながらテザリングすればバッテリー切れの心配はないが、スマホのバッテリーは最大まで充電できる回数に限りがある。電力消費の激しい機能をひんぱんに使っていると、それだけスマホのバッテリー寿命を縮めてしまうことになるのだ。

 これらの問題の解決策として使えるのが、HT100LNというわけだ。AC電源に接続して使うのでバッテリーの寿命とは無縁で、その都度テザリングをオンにする操作も不要。スマートスピーカーや携帯ゲーム機のように、Wi-Fiがなければインターネットに接続できない機器を使用するのにも向いている。

 自宅などでインターネット回線に接続する方法として、従来の固定回線、スマートフォンによるテザリングなどに加えて登場したホームルーターだが、通信コストや使い勝手はどうなのか。実際にHT100LNを使って探ってみた。

 

f:id:minatsujimura:20180330150443j:plain

 

trendy.nikkeibp.co.jp