オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

「セルラー版Apple Watch」は使える? その長所と弱点 iPhone漬けの生活は変わるのか【日経トレンディネット】

 2017年9月22日、Apple Watchの最新モデル「Apple Watch Series 3(以下Series 3)」が発売された。今回の目玉は、LTE通信機能が搭載されたセルラーモデル。LTE通信機能によって、Apple Watch単体でできることが増えたのだ。

 筆者は、初代Apple Watchを使い続けていた。主な目的は活動量計として脈拍や運動量などの記録を取るため。電話の着信やアプリの通知を確認することはあったが、Apple Watchで詳細の内容まで確認することはほとんどないため、文字盤で操作することが少ない。そのため初代Apple Watchでもとくに不満を感じることがなかった。

 そんな筆者がSeries 3を自腹で購入した決め手は、iPhoneの通信事業者がソフトバンクだったことが大きい。

 実は、セルラーモデルのLTE通信は格安SIMに対応していない。LTE通信を使うには、ソフトバンク、au、ドコモのいずれかの通信事業者と契約する必要があるのだ。

 そのため「格安SIMだからSeries 3のLTE通信を使えない」と嘆く知人も少なくない。しかし筆者の場合、セルラーモデルを購入しiPhoneのオプションを申し込むだけでLTE通信を利用できる。せっかくセルラーモデルを使える環境にあるのだから試しに使ってみたいと考えた。

 Series 3を使ってみて分かったのは、Series 3単体で使える幅が広がったことで、iPhoneを持ち歩かなければいけないということがなくなり、気持ちに余裕ができたことだ。実際に使い始めて2週間。セルラーモデルを使うことによって起きた生活の変化を中心に、レビューしていきたい。

 

f:id:minatsujimura:20171225092824j:plain

 

trendy.nikkeibp.co.jp