オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

スマホ全盛の今こそ、PDAをふりかえる。「“Windows発のモバイルOS”とは何だったのか?」(価格.comマガジン)

かつて、「PDA」と呼ばれたモバイル端末があったことをご存知だろうか。

PDAとは、スケジュール、ToDo、住所録、メモなどを管理、携帯するモバイル端末のこと。日本では、1990年から2005年ごろまで多くのユーザーが利用していたが、スマートフォン全盛の今、その名を聞く機会は、ほとんどないだろう。

本連載では、そんなPDAを愛用していたユーザーの方々に話をうかがうとともに、「一時期に比べて、進化のスピードがゆるまったのでは?」という声もあがってきたスマートフォンの未来を考える、“温故知新”の内容としていきたい。

第1回に登場するのは、去る5月20日に開催された「PDA博物館」イベントでゲストスピーカーとしても登壇した、伊藤浩一氏。All About Japanの「スマートフォン」ガイドであり、「Windows Phone応援団」のブロガーでもある伊藤氏に、PDAに対する熱い思いを語ってもらった(※聞き手=PDA博物館初代館長 マイカ・井上真花)。

 

f:id:minayokobayashi:20170726190803j:plain

 

kakakumag.com