オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

マイカ ランチAWARD’09

毎年恒例、「マイカ ランチAWARD」の季節になりました。

秋葉原御茶ノ水、湯島近辺のおいしいお店を、

毎年、独断でランキング形式にしてご紹介しています。

対象になるのは、その年にオープンした店、

または、私が初めて訪れた(発掘した)店となります。

秋葉原に買い物に来て、食事処に迷ったとき、

ぜひ、参考にしてみてください。絶対に損はさせません!

それでは、どうぞ!!

第3位

「500円ランチ」特集

ランチタイムに秋葉原周辺を歩くと、気になることがあります。

それは、ワンコイン(500円)で食べられるお店が増えたこと。

どうやらデフレの影響から、ランチの低価格化が進んでいるようです。

そこで、選りすぐりのお店をいくつか、まとめてご紹介することにしました。

題して、「500円ランチ」特集です。

どのメニューを食べても、

「これで500円は安いよな〜」と感じさせてくれるものばかり。

浮いたお金でお買い物、というのも大いにアリですね(笑)。

昭和食堂

おすすめメニュー:スタミナ丼、ジャンジャン焼き定食

syowa01%5B1%5D.jpg

syowa02%5B1%5D.jpg

syowa03%5B1%5D.jpg

レトロなポスターやBGMで彩られた、店内。

店内に入ると「はーい、いらっしゃい!」と劇団風の掛け声で

店員さんが出迎えてくれます。最初は少しばかり照れくさくなります。

おすすめは、スタミナ丼。丼、味噌汁、生卵つきで500円。

しかも、期間限定で450円になる時もあります。

にんにく醤油の風味が漂う豚肉は、ジューシーなのに、まったく油っぽくない。この食べやすさは、かなり驚きます。胃にもやさしい。

この丼のユニークなところは、味付けをカスタマイズできること。

(1)特製タレをかける(さらに、特製辛味をかけるとおいしい)

(2)レモン汁+ブラックペッパー

という2種類の方法があるので、私は左半分を(1)、右半分を(2)にして、

真ん中に生卵をかけて食べています。一度に二度おいしい作戦です。

スタミナ丼と言えば、秋葉原にもある某「伝説のお店」が有名ですよね。

しかし、「伝説のお店」は味付けができないため、どうしても飽きてしまうんです。また、肉質も昭和食堂のほうが食べやすく、私はこちらのほうが好きです。


大きな地図で見る

KIICHI

おすすめメニュー:焼豚チャーハン、五目チャーハン

kiichi01%5B1%5D.jpg

kiichi02%5B1%5D.jpg

kiichi03%5B1%5D.jpg

500円前後でチャーハンが食べられるお店は、秋葉原周辺でもいくつかあります。しかし、ここのチャーハンはレベルが高く、満足度が非常に高いです。

外側パラパラ、内側ふっくら。そして、程よい味付け。

添えてあるスープも、とても上品です。

そして、これだけでも満足なのに、

なんとこのチャーハンは大盛がデフォルトです。

うまい、安い、そして多い。

最強の500円チャーハンに感服してしまいます。


大きな地図で見る

サンボ

おすすめメニュー:牛丼+味噌汁

sanbo01%5B1%5D.jpg

sanbo02%5B1%5D.jpg

牛丼+味噌汁で、正確にはワンコイン以内に収まってしまう、サンボ。

ここを語らずして、秋葉原のワンコインランチを語るべからず、というところでしょうか。

女性にはちょっと敷居の高そうな店内に入ると、

牛丼屋特有の匂いが立ち込めてきます。

そこで興奮し、すっかり牛丼モードで臨戦態勢です。

とにかく、お肉がおいしい。この牛丼を食べると、

いかにチェーン店の牛丼が大量生産されたお肉であるか、

ということに気がつかされます。

肉質から味付け、家庭的な味噌汁まで、

将来にわたって語り継がれていく牛丼となることでしょう。


大きな地図で見る

とんこつらーめん 博多風龍

おすすめメニュー:ラーメン

huryu01%5B1%5D.jpg

huryu02%5B1%5D.jpg

チェーン店ですが、あえてピックアップしてみました。

博多風龍? 替え玉2玉無料? とんこつのチェーン店?

おいしいの? 結構いろんなところにあるよね? 安かろう云々じゃないの?

疑心暗鬼で食べてみたのですが、

これが500円(替え玉2玉無料)とは思えないクオリティ。

とんこつスープは、少々(いい意味での)臭みがあり、

九州で食べた本場のとんこつを思い出させてくれます。

あえて苦言を呈すなら、麺の味。

せっかくスープが及第点なので、麺がもう少しおいしければいいのにな、

というところです。けれども、いつも替え玉を頼んでいます。


大きな地図で見る

そのほか、チェーン店系では、

ゴーゴーカレー(普通のカレー500円、ロースカツカレー600円)や、

てんや(天丼500円)もあります。「500円ランチ」が非常に熱い!

gogo%5B1%5D.jpg

tenya%5B1%5D.jpg

第2位

たどん

おすすめメニュー:カルビ丼(大盛)

tadon01%5B1%5D.jpg

tadon03%5B1%5D.jpg

tadon04%5B1%5D.jpg

秋葉原方面から一歩外れた昌平橋通りに、お店があります。

カウンター席のみの店内には、オシャレなジャズのBGMが流れ、

中央には、ガラス張りの向こうで炭焼きしている姿が見えます。

たどんの焼肉丼のすごいところは、

まるで、本当の焼肉屋さんで焼いたようなお肉が出てくること。

普通のお店であれば、鉄板で牛肉を炒め、焼肉のタレを絡ませて、

丼にしたものを焼肉丼と呼ぶことでしょう。

しかし、たどんは炭火でお肉を焼いているため、

一口、口に入れただけでも驚きます。「あ!この肉すっごいおいしい」と。

しかも、壷に入ったキムチが食べ放題。

甘めのタレに絡んだカルビと、ピリリと辛いキムチを交互に食べると、

口の中がキュッと締まって、いい感じです。

難点をいうと、成人男性の場合、並盛では少し全体の量が少ないかも。

ご飯の量も、チェーン店の牛丼の半分ぐらいと考えていいでしょう。

そのため、最初から大盛を注文するのが無難だと思います。

中央通りから離れているので、結構穴場かもしれませんね。


大きな地図で見る

第1位

串助

おすすめメニュー:焼き鳥丼

kushi01%5B1%5D.jpg

kushi02%5B1%5D.jpg

kushi03%5B1%5D.jpg

本年度の第1位は、秋葉原UDXビル3Fにある串助です。

飲食店が集まるUDXビル3Fですが、

一見すると見落としてしまいそうな位置にお店があります。

私も言われるまでは気が付きませんでした。

ここの焼き鳥丼は、絶品中の絶品です。

「昼間だけど、ビールはちょっと飲めなくてもいいから、無性に焼き鳥食べたいなぁ。そっか、UDXに焼き鳥屋があったか。まあ、そこで食べて気を晴らすか」と、軽い気持ちで焼き鳥丼を選ぶと、えらいことになります。

焼き鳥を食べた瞬間、

鶏肉が新鮮であるということが、すぐに伝わってきます。

焼きあがりもふっくらしていて、品のある脂身が楽しめます。

モモ肉だけでも満足なのに、

丼中央にあるつくね(普通のつくねとしそ巻きの二種類)と、

ご飯の上に散りばめられたそぼろのクオリティの高さに驚きます。

特に、そぼろは味がギューッと凝縮していて、味が濃い。

ごはんがメチャメチャ進みます。

お値段は750円ですが、これで750円はちょっと安いんじゃない?と思えるほど。そんじょそこらの焼き鳥丼とは、あらゆる点で異なる一品です。

余談ですが、1つ思ったことが。

以前のマイカ ランチAWARDでも上位にランキングした、

ヨドバシAkiba 8Fにある芋蔵 BARの塩豚カルビ丼と合わせると…

「牛」……たどんの「カルビ丼」

「豚」……芋蔵 BARの「塩豚カルビ丼」

「鳥」……串助の「焼き鳥丼」

と、丼もので牛・豚・鳥の三役揃い踏みです。

この3つはとてもクオリティが高いので、ぜひ3つ制覇することをオススメします!


大きな地図で見る

番外編

ロジェ・カフェヌードル(湯島)

roje03%5B1%5D.jpg

roje04%5B1%5D.jpg

毎週木曜日深夜、テレビ東京で放送されている「モヤモヤさまぁ〜ず2」。

さまぁ〜ずの二人と大江 麻理子アナが東京のマイナーをブラブラと歩くだけの番組です。番組のキャッチフレーズは「世界一ドイヒーな番組」です。

この番組の名物(?)の1つに、各地のお店に入り、

ランチを食べるというお時間があります。

お店に入る入らないは、「お食事大臣」の大竹さんが決めるのですが、

モヤモヤした外観(決してオシャレではない)が1つの基準になっているようです。

湯島の回では、ロジェが取り上げられました。

ロジェはユニークな店構えで、入り口が2つあります。

しかし、店内は1つにつながっていて、

奥に進むと厨房は1つ。レジも1つ。店員さんも一緒。

これだけでも、非常にモヤモヤしています。

そこでの3人の反応が凄かった。

特に三村さん。「ロジェ正解!ロジェうめ〜」を連発して、

とてもおいしそうにガツガツ食べていました。

さらに後日、今まで訪れたお店のランキングを決める

「モヤさま美味しい飯ランキング」という回で、なんとこのロジェが総合ランキング2位を獲得しました。

こうなると、モヤさまファンの自分が行かない訳にはいきません。

どこにあるのかな〜と、あらかじめネット上で検索して行ってみると、

事務所からビックリするぐらい近くにありました(笑)

roje01%5B1%5D.jpg

roje02%5B1%5D.jpg

さっそく、名物の塩ラーメンを注文。

とてもやさしい味で、化学調味料の臭みがほとんどありません。

家庭的ながらしっかりした味付けで、とてもおいしいです。

後日は、しょうが焼き定食を注文。

これもまたおいしく、甘み控えめでブラックペッパーがかかって食欲をそそります。

店内で写真を撮っていると、店員さんが

さまぁ〜ず(の番組)観てきたの?」と話しかけてくれました。

おそらく、そういう人が多いのでしょうね。

「遠くから来たんですか?」と聞かれたので、

「ええ北海道から〜」とウソはつけなかったので「職場が近いもので…」と

。すかさず、「…なので、また来ますね」と付け加えて帰ってきました。

なぜランクインしていないのかというと、

(いい意味で)食べた瞬間の飛びぬけたインパクトがないからです。

でも、これを言い換えるなら、家庭の味に近いような、

安心して食べ続けられるお店である、ということなんですよね。

安心、癒し、ほっとする――これがロジェに抱いた私のイメージです。

来年はロジェに通う回数が増えそうな気がします。


大きな地図で見る