オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

シンリくんお誕生日会

080129_1910~01.jpg

昨年の忘年会の席。

カニをつつきながらどうしてイカの話になったのかは

定かではないが

「イカはどんな食べ方をしてもおいしい」

という話になった。

「じゃあシンリくんのお誕生日はイカにしよう!」

そんなわけで、今年のシンリのお誕生日会は

銀座の「いか福」さんへ行くことになった。

朝から「今夜はイカ♪」と盛り上がっていたあたしたち。

仕事も早々に片付けて、予約した時間より少し早くお店に到着。

第一印象。店内は明るく、雰囲気がいい。

席に通されるまでの間に、あたしは今日の味を確信した。

そして、あたしたちがいただいたのは

イカの、いえ、以下のお料理。

お通し(かぼちゃのお豆腐。いくら添え)

このわた

活イカと活カワハギのお造り

 イカのエンペラとゲソは唐揚げに。

 カワハギの頭と骨は最後の赤だしに。

蛸の唐揚げ

活イカ アンコール(1パイじゃ足りなくて(笑))

 こちらのエンペラとゲソは塩焼きでいただきました。

いかしゅうまい

いかワタ焼

いか飯・おにぎり

適度にお酒をいただいて気持ちがいいせいか

イカを前に、「イカはイカが?」「シンリ、うまイカ?」

などの駄洒落が飛び交う(^^;

「そんなん言うたらうちは『マイカ』やんかー」

あ、そういえばそうでしたね。

一同大爆笑。

ひとつだけ頼んだ「いかワタ焼」は、

「板前の間違いでふたつ作ってしまったのですが

 お誕生日ということなので、ひとつはサービスさせてもらいます」

と粋な計らい。

「ああ、これがわたしの想像しているイカの味だわ」と真花さん。

いろんなイカを食べたけど、これがいちばんイカらしいそうだ。

イカの身を食べた後のソース状になったワタが

またおいしくって、お酒が進むのよねー。

あたしは、身に絡めても掬いきれなかったワタがどうしても食べたくて

お店のおにいさんに声をかけた。

「これ(ワタ)、このまま下げてもらうのがもったいないんだけど

 おいしく食べられる方法ありますか?」

「では、スプーンをお持ちしますね」

「白いゴハンなんかあったらもっといいよねー」

「ご用意できますよ。お持ちしましょうか?」

「はいっ! お願いしますっ!」

かくしてめでたく白ご飯をゲット♪

残ったワタとご飯を混ぜて口に運ぶ。

ああ、幸せ(*^^*)

「シンリくん、もういらんの?

 食べへんのやったらわたしがもらうで」

いつもはあまり食べない真花さんにそう言われて、

「いやいや、食べますよー」

とシンリが慌てて食べるぐらい、ワタご飯は好評でした。

でも……本当にオーダーを間違えたのかな。

乾杯のときに今日はお誕生日のお祝いで、って言ったのを聞いて

そういうふうにしてくれたのかも?なんて深読みしてしまうのは

あたしだけかしら。

いずれにせよ、素敵なプレゼントをしてくれた

板さんとお店の方の気持ちに応えるべく、

すべてのお料理を残さずキレイに食べて「ありがとう」を伝えた。

おなかも心もすっかり満足(^^)

これで明日もがんばれそうな気がします。

じゃあそろそろ帰るかー。

「領収書はいかがいたしましょうか?」

「カタカナの『マイカ』でお願いします」

そう言ってから「真イカ」にしてもらえばよかったぁ

とちょっと悔やんだ(笑)