オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

■K-1 WORLD GP 2006 決勝が終わって

K-1 WORLD GP 2006が終わった。

結果的には、セーム・シュルトが2年連続のGP優勝。

シュルトは、準々決勝から

“番町” ジェロム・レ・バンナ

今大会で引退する “4タイムス・チャンピオン” アーネスト・ホースト

“20世紀最後の暴君” ピーター・アーツ という、TVでもお馴染みになった、

K-1創世記から活躍する3選手を一夜にして倒しての優勝。

「遂に、世代交代か?」と言うのがもっぱらの評判である。

しかし、今大会のMVPは誰が見てもピーター・アーツだ。

決勝トーナメント出場を逃し、

リザーブマッチで武蔵を破り、レミー・ボンヤスキーの途中負傷によりトーナメント出場に至る。

今大会のアーツは、とにかくコンディションがいい。

バランスもよく、体が前に出ている。

リザーブマッチの武蔵戦など、安定して「楽勝」の雰囲気もあった。

そして「身長212cm 体重130kg」のセーム・シュルトと対戦。

これが、良かった。 今まで誰も手が出なかったセーム・シュルトに対して互角に闘うアーツ。

巨漢を前に怯むことがない。

今大会はアーネスト・ホーストの引退興行だ。

ホーストと時代を共に築いたピーター・アーツに熱い声援が集まる。

ホーストは準決勝でシュルトに敗れている。

「本当は、勝って優勝させたかった」というのが観客の心情だろう。

−−まさにこれは、弔い合戦。

オールドファンからしたら、 ホーストの引退興行でアーツがトーナメントに出てきた事は、 まさに「棚からぼたもち」状態。

決勝で「ホーストvsアーツ」なんていう対戦になったら一大事だ。

まさに、ドラマ(^^)

K-1の歴史を知れば知るほど、噛めば噛むほど味の出る興行だった。

追記:

ホーストといえば、“野獣” ボブ・サップとの一戦が印象深い。

それまで負け知らずのサップを倒したのは、的確に「肝臓」の部分を狙ったホーストの攻撃だった。

「肝臓周りの筋肉だけは鍛えられない」ということを初めてそこで知りました。

今日は、ここまで。