オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

■Queenミュージカル「We Will Rock You」@新宿コマ劇場

DSC00598.JPG

(多少のネタバレあり)

Queenミュージカル「We Will Rock You」に行く。

写真は、お土産に買った「We Will Rock You 人形焼」です。

インパクトありますね。衝動買いです(^^)

−−今からでも遅くありません。

Queen」「Rock」「70年代」「80年代」というキーワードを 聞いて、

少しでも引っかかる、という方は見に行くべきものではないでしょうか(^^)

圧巻!

これを観ないのはもったいない!

コンピュータが全てを支配し、個性や自由が奪われた近未来。

楽器を持つ事すら許されない社会で若者たちが立ち上がる−−。

音楽は全てバンドの生演奏。

ステージの左右にバンドが分かれて演奏しています。

キャストの歌唱力もたいへんに素晴らしい。

レベルが高く、迫力に溢れていた(^^)

新宿コマ劇場と大音量の音の相性もいい。

メインとコーラス(これも圧巻!)の歌が前に出ていながら、

ギターやドラムの低音もクリアに「ズシッズシッ」響く。

ミュージカルの音響というよりは、生バンド演奏による「ロックコンサート」のような雰囲気です。

そして! 全編に「Rock」と「Queen」への愛情が溢れている。

−−ロックスターは、なぜに早く散ってしまうのか。

プレスリー、ジャニス、ジョン・レノン、ジミヘン、カート・コバーン

日本人では、hide、尾崎豊……そして、フレディ。

ひとりひとりの映像がバラードと共に流れ、 最後にフレディが出てくるというシーンでは、もう。目頭が熱く…。

ミュージカルの最後は、

We Will Rock You

We Are The Champions

Bohemian Rhapsody

そして締めは、「I Was Born To Love You」……

TVでもお馴染みのこの4曲を立て続けにやられては、これはもう…

We Will Rock You」あたりから観客全員がスタンディングです(^^)

「あれ、ストーリーどこいっちゃったの?」

っていうぐらい出演者全員(敵役もあわせて)が歌っています(笑)

本当に「Queen」への愛で溢れています。

Queen」を語る際に言われるのが「ロックオペラ」です。

本作品は、まさにそれを表したもの。

本当に出演者が素晴らしく、

Queen」の楽曲のコーラス部分を再現したというだけでも想像してみてください。

これはもう、かなり刺激の強いものを観てしまった感じです。

ブルース・リー」の映画の後はみんな「ブルース・リー」になるといいます。

「フォー!」とか言ってカンフーポーズするあれです。

We Will Rock You」の後は、

♪ドンドンパン ♪ドンドンパン

Buddy you’re a boy make a big noise …… We Will Rock You

と、右手を掲げたフレディになってしまうことをお約束しましょう(^^)

We Will Rock You! Sing it!

今日は、ここまで。