オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

■丸藤正道 vs 三沢光晴 のGHCヘビー級選手権が決定

12.10 プロレスリング・ノア 日本武道館大会で、

丸藤正道 vs 三沢光晴GHCヘビー級選手権が決定した。

丸藤は、若干27歳のチャンピオン。

三沢は、いわずと知れた、名実共に日本のトップレスラーである。

前回のKENTAでは「内容」を求められた丸藤。

Jr.ヘビー級の体格ながら、ヘビー級を凌駕する試合」

「旧世代の闘いを超えた新時代のプロレス」

「旧世代の闘い」とは、いわゆる「四天王プロレス」のこと。

90年代に三沢・川田・田上・小橋の「四天王」と呼ばれた男たちが、

全日本プロレスで繰り広げたハイスパートなプロレスである。

脳天から落ちるバックドロップやジャーマンスープレックス

相手の先の先を読む攻防が繰り広げられ、「カウント2.9」が応酬される。

首都圏連続満員記録が続き、深夜のテレビ放送は高視聴率を獲得。

30分を超える闘いは当たり前。時には、60分フルタイムドローも珍しくない。

まさに、世界に類を見ない孤高のプロレスだ。

丸藤正道 vs KENTA 」は、「四天王プロレス」にない、

もっと動きの速いハイスパートなプロレスを提唱した。

2006.10.29 に行われたこの試合は、あの時の「四天王プロレス」の

雰囲気を甦らせつつも、もっとスピード感に溢れた「命を懸けた」プロレスだった。

−−そして、時代が交わる時が来た。

丸藤は、三沢の元・付き人である。

プロレス観から私生活に至るまで、新人からその身で学んだという。

丸藤正道 vs 三沢光晴」は、「内容」よりも「結果」を求められる。

プロレスは、「結果」よりも「内容」を問われる場合が多い。

たとえ試合に負けたとしても、観客の胸に響くレスラーが人気を集めるからだ。

しかし、こと「丸藤正道 vs 三沢光晴」で言えば、

「新世代 vs 旧世代」、「師匠超え」という意味合い以上に、

「新世代プロレス vs 四天王プロレス」というテーマがある。

負けたら終わり、なのである。

三沢にかつての全盛期のキレがなくなっている。

もしかしたら試合内容はゴツゴツとして、

あっけないものになるかもしれない。

しかし、「結果」が欲しい。

丸藤には説得力のある勝ち方で、

ぜひ、正々堂々と世代交代を果たしてもらいたいと思う。