オフィスマイカ

有限会社マイカ(オフィスマイカ)の公式ブログ。マイカの最新情報をお届けします。

【チームマイカ】森文子(もり ふみこ)

f:id:mica:20181227134031p:plain

ライフイズスイート代表。

資格:AFP/ファイナンシャル・プランニング技能士2級/整理収納アドバイザー1級

職歴:税理士事務所職員(勤務歴20年弱)

執筆&取材記事

産休・育休中にボーナスはもらえる?

https://news.mynavi.jp/article/20180521-630464/

マイナビで執筆した記事。産休・育休中にボーナスの支給日が設定されている場合、ボーナスを受け取ることはできるのでしょうか? また、出産手当金などの受給額には影響しないのでしょうか? 産休・育休中のボーナスについてまとめみました。

 

育休の延長、いつまでできる? 必要な条件と取得方法

https://news.mynavi.jp/article/20180604-630597/

マイナビで執筆した記事。原則として育休を取得できるのは1年間ですが、平成29年10月1日から、最長2年まで期間を延長できることになりました。どんな場合に延長することができるのか、延長するためには何が必要なのか、解説します。

 

海外旅行にクレジットカードが必要な理由とは?

カードの選び方と使い方、トラブル対処法を解説

https://www.money-press.info/creditcard-trip-abroad/

マネープレスの記事。お金の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)として、海外旅行に役立つクレジットカードの選び方から使い方、トラブル時の対処方法までをアドバイスしました。

 

FPの森文子さんが考えるクレジットカード事情

https://www.money-press.info/interview-morifumiko/

マネープレスの取材記事。クレジットカード事情と、使用する上で気をつけたいことなどをお答えしました。

今年の家電、主役は大手の記念モデル・ニッチな個性派

2018年にも、多くの家電が市場に投入された。ラインアップが一新されたモデルや、これまで市場になかった家電なども登場している。そこで家電コーディネーターの戸井田園子さんに、18年に登場した白物家電の中から、注目製品を4つのテーマに分けて聞いた。

style.nikkei.com

DUAL家電2018発表!今年のベストバイは?

f:id:mica:20181220091210j:plain

年末がやってきました。今年もまた、日経DUALの年末恒例企画、「DUAL家電大賞」を実施。数多くの家電の中から、DUAL世帯に本当に役立つ家電を発表します。選んだのは、本誌連載「家事メン育成家電」でおなじみの家電コーディネーター、戸井田園子さん。取り上げるジャンルは、AI搭載で賢く家事をサポートする「スマート家電」、手間をかけずに家を清潔に保つ「掃除家電」、ワンランク上の上質な食生活を楽しむ「キッチン家電」、自分ケアで日ごろの疲れを癒やす「ごほうび家電」の4つです。

 

dual.nikkei.co.jp

 

 

 

 

話題の「Oculus Go」を女性ゲーマーが体験! 本格VRゲームのベストな入門機かも?

Steamのコアゲーマーこと “すちーむまにあ”辻村美奈が、ゲーミング周辺機器を紹介する本連載。これまで、PCゲーム(主にSteam)に関するアイテムを取り上げてきたが、今回はなんと、PCの出番はなし! PCやスマートフォンを使わずに楽しめるVRデバイス「Oculus Go」(Oculus)を紹介していく。さらに、Oculus Goのレビューを前に、VRについて基礎から知っておこうと、専門家に話を聞いてみることにした。

kakakumag.com

肉祭り!ホムパがパパシェフ活躍のステージに

共働き家庭でトラブルのもとになりがちな、夫婦の家事分担問題。皆さんは、どうやって解決していますか? 今回のテーマは、前回に引き続き「料理」です。前回は、ほったらかし調理家電として電気鍋やフードプロセッサーをご紹介しましたが、今回は、豪華な肉料理が作れるオーブンレンジや低温調理器を紹介。ホムパで見栄えのするお料理は、パパに任せてしまいましょう。

dual.nikkei.co.jp

時短より「時産」重視 男心くすぐる回転調理家電

多くの家電製品がセールスポイントにしている「時短」。だが、これらの時短家電を使うメリットは何だろう。作業時間を短くすること? 「そこに落とし穴がある」と家電コーディネーターの戸井田園子さんは指摘する。代わりに戸井田さんが薦めるのが「時産」という視点だ。忙しい人には「作業時間を短くする」のではなく、作業を任せて「他のことができる時間を作り出す」家電が役に立つ。今回は調理家電の中から、男性にお薦めの「時産」調理家電3製品を紹介する。

style.nikkei.com